「初心忘るべからず(自分に)」

東京で桜が開花したらしい。

桜と云えば、夜桜、

夜桜と云えば、 “夜桜銀次” (個人的にデス)

不況に優しい100円玉一枚ストレス解消法(笑)

昭和の男は、”昭和の任侠映画”

仕事帰り、ツタヤへ遠回りしてみたが、

“貸し出し中” …無念

文太さん主演の “夜桜銀次”

ガッカリと帰宅して、

珍しくテレビを点けてみました。

「人生最高レストラン」っていう番組。

見城氏が語っていた。

“ストイック” の、ひと言で済ませたら失礼か。

…”仕事魂” 凄すぎ。

そして、あの「京味」

“雲の上の料理人”

自分のような凡人板前には、

“真似すらできない”

言い訳ですが、

なかなか芽の出ない青奈の宣伝に

料理の写真載せたり、

能書きたれてる自分が

  “ちっぽけ” 

に見えました。

10年目の青奈

初心に戻って頑張ります。

ここんとこ、ずっと記してますが、

これは、

” 能書き ”  じゃなく   ” 当たり前  “

             …

お客様それぞれの楽しみ方が、

                    あるかとは思いますが、

和食店の主役は、日本料理です。

「お椀」「向附」 「焚き合わせ」 が、

日本料理の華です。

そこに、旬があり、仕事の味があります。

酒肴やきとりは、

当店では “おまけ的メニュー”

なので、すぐ出ません。

箸休めは、その名の通り、

いったん料理を休む “合間のリセット”

強肴は、説明が難しいのですが、

当店では “味の強いおつまみ”

ですから、

” 料理のあと ” が、イイかと思います。

お客様にとって、せっかくの外食、

そのお店それぞれの「料理」を、ぜひ。

IMG_4835

IMG_4836

見城氏の手がけた本

この頃自分、

バンドでデビューを妄想してた高校生でした。

板前になろうとは思ってなかった(笑)

Top